Naoko S Otsuka Art Gallery | Save Coral and Save Beach Assets Outreach Program

home coral whispers ocean energy wave of universe patchy bird 活動内容 プロジェクト ブログ

 




 
Message from the artist

Naoko-Art のミッションは、多くの視覚素材を活用して、海洋環境の現実を広く人々に伝える ことです。あらゆる年齢層の人々にとって、視覚的にインプットされた記憶は、文字で書かれたり語り伝えられた情報よりもメッセージが迅速に伝わり、長く留まることが脳科学的にも証明されています。

私はアーティストとして、世界中の子供たちや若い人たちに、アート作品を通してわかりやすく海の生態系の現状を知ってもらうための活動を長く続けています。 自然は私たちに活力を与え、私たちを教育し、私たちを包み込んでくれます。そのお返しとして、私たちもこの壮大な自然環境を維持し、守り、そして何よりも尊重しなければなりません。

私たちの主催する「アートによる環境教育プロジェクト」の活動を通じて、人々が海洋環境や沿岸資源の保全のための行動を起こすきっかけとなるような、アートによるアウトリーチをウェブサイト上のプラットフォームやその他のオンラインメディアを活用して推進しています。

Naoko Otsuka Ecological Artist 大塚 奈保子

Director of “Save Ocean Eco-System Through Art”
Media Art Director of "Islands4Kids.org"
Media Art Director of "Marin-Debris.org"
Media Art Director of "Miyakojima-Kidsnet.org"
 
What is the “Coral Whispers” Program?
 

このエコロジィ アート活動 "Coral Whisper" は、減少しつつある離島の海洋生物や沿岸の資産を保護するためのプログラムのひとつとして 2004年にスタートしました。

国際小島嶼開発会議の調査による、“観光客がお土産として大量に購入することにより、島々の固有の貝殻やサンゴが急速に減少しており、多くの島で固有種が消滅し始めている”、との報告書がきっかけとなりました。

私たちは 「ビーチエコロジー保護プログラム」 を実施するにあたり、実際の貝殻や珊瑚を販売するのではなく、ビーチの 資産をデジタルで可視化して、新しい独創的なギフトアイテムを作ることをアドバイスしました。

白化したサンゴや漂着した貝殻から生まれたユニークなキャラクターは、小さな島々が貴重な自然資産を失うことなく発展 していくための世界的なキャンペーンを推進するための、象徴的なシンボルです。 そのため、私たちは "Coral Whisper" の作成にさいしても、子供たちが環境に配慮した海岸資産との付き合い方を学ぶプロセスのひとつとして、海岸の白化サンゴや貝殻にはカッテイングや着色など一切の加工を行わず、全てあるがままの形状を生かしています。また、写真撮影後元の海岸に戻した時には海水ですぐに分離できるよう水溶性の接着剤を使っています。

これらの地域の海岸資産の保全コンセプトと「アートによる環境教育プロジェクト」は、UNEP(国連環境計画)やNOAA(アメリカ国立海洋大気庁)にも評価され、これらの組織が主催する国際会議において発表してきました。

 
私たちの活動の詳細は、こちらの英語版をページ翻訳してご覧ください。
  活動内容
  プロジェクト
Email: art-studio@naoko-art.com Naoko-Art ・Lake Stevens, WA, U.S.

© Copyright 2003-2024 naoko-art.com All rights reserved